最近のベビー布団は見た目よりも質が重視されている

専用の水がある

水

赤ちゃんがいる家庭には、頻繁にミルクを作ることがあります。赤ちゃんのミルク作りに欠かせないお水は、幾つか種類があります。まず、赤ちゃんのミルクに使えるお水は何でも良いわけではありません。ミルク作りに適しているお水は、水道水、ミネラルウォーター、不純物が全く含まれていないピュアウォーターと呼ばれるお水のみです。この中に水道水が入っているので、意外だと感じる人もいますが、日本の水道水は、そのまま飲んでも害が無い様に殺菌されています。ですから、大人が水道の蛇口からそのままお水を飲んでも大丈夫ですが、赤ちゃんのミルク作りに使うのであればそのままは不向きとされています。そのため、赤ちゃんのミルクを作る際に水道水を使用する場合は、ヤカンなどに入れて火にかけて沸騰させましょう。しっかりと沸騰させることで、水道水に含まれている塩素を飛ばすことが出来ます。赤ちゃんは消化器官やその他の臓器が未熟であるため、消毒されている水道水にわずかに残った塩素でもかなり大きく影響する場合があります。ミネラルウォーターやピュアウォーターに関しても、基本的には赤ちゃんのミルク作りに使用しても問題は無いのですが、赤ちゃんの体質によっては合わないこともあるので、慎重に使用しましょう。

赤ちゃんのミルク作りに安心して使用出来る赤ちゃん専用のお水もあります。赤ちゃん専用のお水でしたら、湯冷ましや離乳食としてそのまま与えても心配ありません。ですから、心配な人や、今使っているお水が赤ちゃんに合わないという場合は、赤ちゃん用のお水を使用すると安心です。